1. ホーム
  2. 口臭対策基礎知識
  3. ≫口臭の原因とは?病的口臭と生理的口臭をしっかり把握

口臭の原因とは?病的口臭と生理的口臭をしっかり把握

口臭の原因とは?病的口臭と生理的口臭

実は口臭は臭いでいやな思いをさせるだけではなく、病気のサインである可能性もあります。もし自分の口が臭っているなと気がついたら、それはどんな原因かを把握することで有効な口臭対策が可能になります。

今回は口臭の原因を大きく二つに分けて、病気から来る「病的口臭」と、病気ではない「生理的口臭」についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

○病的口臭

1、歯周炎・歯肉炎

歯茎に炎症がおこり、腫れや出血がおこる歯肉炎と言います。腫れによって歯茎が盛り上がり、歯と歯茎の間に溝(歯肉ポケット)が形成されるのが特徴です。歯肉炎が更に進行し、歯の根元の方まで炎症がおよぶと、歯を支えている歯周組織や歯槽骨が破壊されて歯がぐらぐらと揺れてきます。こうなると歯周炎と診断され、膿も出てくるようになるため、口臭がみられるようになります。

原因は口腔常在菌がつくるプラークで、これは歯に付着している白や黄色の沈着物で、歯磨きで落とすことが出来ます。日々の歯磨きを丁寧に行き届くようにすること、また煙草も良くないので控えるようにすることで、予防が出来ます。

2、口腔粘膜の炎症

口の中の粘膜が炎症する病気は、いくつか種類はありますが、まとめて口内炎と呼ばれています。睡眠不足やストレスなどから来るアフタ性口内炎、歯磨きを怠り口の中が衛生的でなくなったことから来るカタル性口内炎、食べ物などのアレルギーからアレルギー性口内炎が出来る場合もあります。

口内炎が出来るだけで口臭が発生するわけではありませんが、不衛生が原因の場合は細菌が繁殖し、口臭がある場合があります。口内炎を良くする、予防するためには、口の中を衛生的にする、ストレスをためないなどの口内炎が発症した原因をつぶすほかに、ビタミンを多く取る、刺激物や熱いものを食べないといったことも有効です。

3、舌苔(VSC)

「ぜったい」と読みます。舌の表面に白い苔のようなものが付着している状態です。この白いものの正体は角質で、汚れや細菌がたまっているため口臭が強くなります。

角質ができる原因は、舌の皮膚が新しくなるときに一番表層の皮膚がはがれ落ち、それがそのままそこにたまってしまったこと、また、皮膚だけでなく食べ物の細かなカスが残っていることも挙げられます。

舌苔が出来るのには舌の動きが少なくて汚れが落ちにくいことや、口呼吸や乾燥で唾液が少なくなり流されにくくなっていることが原因になります。舌苔は自分でも落とすことが出来ます。舌ブラシを使ってきれいに落としましょう。ちなみに舌苔(VSC)のケア方法はこちらから。また舌苔(VSC)の磨きすぎの口臭悪化のリスクはこちら。

4、耳鼻科疾患

口臭なのに耳鼻科?と思うかもしれませんが、関係している場合があります。例えば、鼻が詰まっている時は鼻で呼吸をすることが出来ないため、口呼吸になりますよね。口呼吸になると口の中が乾燥し、空気の少ない所を好んで繁殖する嫌気性細菌が増え、それが悪臭を放ちます。

また、蓄膿症や扁桃腺炎を患うと、それによって鼻の中や喉に出来る膿が臭いを発するため、口臭の原因になります。口と鼻、喉など体のつくりは繋がっていますので、口自体に問題が無い場合は耳鼻科疾患も疑い、診察してもらうことも考えましょう。

5、糖尿病・肝疾患・腎疾患

糖尿病は、食生活や遺伝が原因で血糖値が高くなる病気です。通常、食事をすることで血糖値は上がり、運動をしたりして糖がエネルギーとして使われると血糖値が下がるようになっています。その血糖値を下げる機能を持っているホルモンはインスリンといい、インスリンが不足することで糖尿病が発症します。

インスリンを作るのは膵臓の仕事のため、糖尿病の人は膵臓の機能に問題がある場合があります。インスリンの機能が十分でないと糖からエネルギーを作り出す量が減ってしまいますので、代わりに脂肪やたんぱく質からエネルギーを作り出すようになります。すると、エネルギーと一緒にアセトンという物質も生み出されるようになり、これが特徴的な腐ったような臭いを発して口臭の原因になります。

同じように、肝疾患や腎疾患も特有の物質を多く体内に発生させることにより、口臭となります。肝疾患については、肝臓は食事することで発生するアンモニアを尿素に変えて尿として排出する働きを持つので、この機能が鈍ることによりアンモニア臭が強くなります。

腎疾患についても、腎臓は肝臓と同じように尿を作る働きを持っているため、腎疾患によってアンモニアが体内にたまってしまって口臭の原因になります。

6、統合失調症・妄想性障害・自己臭妄想

これらの精神障害は、自分が他人にどう思われているか極度に気にしてしまったり、実際には心配するほどのことでもないのに心配し過ぎてしまう症状があります。口臭についても、実際にどうかということより、本人が自分の口が臭っているか気にし過ぎてしまいます。

本当にきつい口臭があるわけではないので、病院に行きカウンセリングをしたり、毎回丁寧に歯磨きをしたり口内をきれいにする薬剤を使用して口の中を洗ったりし、自分は大丈夫だと自信をもつことで回復に繋がります。

○生理的口臭

1、ドライマウス

ドライマウスはその名のとおり、口の中が渇いていることです。唾液が少なくなって口内の水分が少なくなりねばついた状態になってしまいます。ドライマウスになる方は結構多く、直接水分が少なくなる口呼吸をしている方だけでなく、生活の乱れでホルモンバランスが崩れることでもなってしまうことがあります。また喫煙も一因であると言われています。

これらのことが原因であるため、ドライマウスを直そうと思えば生活を見直すだけで回復に向かうことが多いです。規則正しく、生活の質を高めつつ、こまめに水分を補い口内を乾燥しないようにすることで、唾液の量も多くなりドライマウスが改善されます。ちなみにドライマウスの改善方法はこちら。

2、プラーク

プラ―クとは、歯に付着した黄白色のねばねばした物体のことです。プラ―クは水分と大量の口内常在菌とその代謝物からなり、そのままにしておくと口臭の原因になります。歯磨きを毎回していないことで生成されるものですので、一般的な口臭の原因としてはもっともイメージされやすいものかもしれません。

プラ―クは食事して時間が経ってから出来るものですが、食後に歯磨きをしっかりしておけば歯の表面がつるつるになるため、細菌が付きにくくなってプラ―クの予防になります。逆に歯磨きをしないと、ざらざらの歯の表面の隙間に細菌が入りこみ、唾液が流れても容易に落ちなくなるのでプラ―クが出来やすくなります。唾液の通りが悪い、歯と歯の間や奥歯などもしっかりと磨くようにしましょう。

3、歯垢

「しこう」と読み、これはよく聞く単語かもしれません。実は上に書いたプラ―クと同じ意味を持つ単語です。日本語で歯垢、英語でDental plaqe(デンタルプラ―ク)と呼びます。

4、活性型ビタミン剤

活性型ビタミン剤や、その他の薬物を服用することでおこる口臭を薬物口臭と呼びます。これは薬物を使用することで胃に負担がかかることや、薬物の成分が唾液に含まれることで口臭の原因になっています。

胃に負担がかかり、ただれてしまうと胃酸の臭いが口にまでただよってきたり、胃潰瘍などの原因であるピロリ菌が増えて口臭の原因になったりする可能性があります。
活性型ビタミン剤を飲むなどで口臭が現れた場合は一時的なもので、そこまで心配することが無い例がほとんどですが、慢性的な胃炎になるなどすると大変ですので長引くようなら検査を受けに行きましょう。

5、食物摂取
みなさんよくご存じだと思いますが、食べ物によっては強い口臭をもたらすものがあります。よく知られているものや、意外なものまでありますのでご紹介します。まず、にんにく、にら、ネギ、らっきょうなどがあります。人前に出る前は食べるのを避けたい食べ物ですね。あとは、チーズやヨーグルト、納豆などの発酵食品、酢を含む料理も臭うことがあります。

全く臭いがしないと思われる肉類、卵などのたんぱく質を多く含む食材も、口臭の原因となります。たんぱく質が分解されるときに腐敗臭がすることや、たんぱく質は菌のえさになりやすいことが理由となります。また、お茶やコーヒーなどの飲み物、甘いものに多く含まれる糖類も摂りすぎると口臭の原因になります。ちなみに口臭を悪化させる原因になる食べ物一覧はこちら

口臭の原因まとめ

いかがでしたでしょうか。ただ口臭といっても様々な原因が考えられることが分かりました。口臭を気にしながら生活することは辛いことですから、もし口臭で悩んでいたら、どれに当てはまっているのか考えて解決策を実践し、少しずつ改善していけたらいいですね。