1. ホーム
  2. 口臭対策基礎知識
  3. ≫なた豆歯磨き粉の定番「伝統爽快なた豆歯磨き粉」の気になる効果や味を徹底レビュー

なた豆歯磨き粉の定番「伝統爽快なた豆歯磨き粉」の気になる効果や味を徹底レビュー

なた豆歯磨き粉

口臭対策としてインターネットで色々と調べると必ず出くわすのが「なた豆歯磨き粉」です。しかし、なた豆といっても中々馴染みのない名前ですし、その効果も把握している人は少ないと思います。そこで、なた豆の効果や成分、そしてなた豆歯磨き粉の中でも一番人気の「伝統爽快なた豆歯磨き粉」を購入して使用したレビューを紹介していきます。ちなみに検証した結果タバコのに効果が非常に大きいので、喫煙者は要チェックですよ。

なた豆歯磨き粉とは

まず、聞きなれないなた豆歯磨き粉とは、なた豆の有効成分を配合した歯磨き粉のことです。歯周病や口臭ケアに効果があると言われています。最近では深夜の通販番組でもよく見かけるようになった最近人気の口腔ケアアイテムの一つです。

なた豆とは

なた豆とは、東南アジア原産のマメ科の植物です。さやの形が鉈に似ていることからなた豆と名付けられています。成長すると、30センチから大きいものだと60センチにもなる大きな植物です。

余りにも大きく成長するので、童話のジャックと豆の木のモデルになった植物ではないかと言われているほどです。さやの部分は福神漬けの材料にも使われています。

なた豆は、漢方の本場、中国では膿を出すのに効果があるとして昔から重宝されていて、身体にとても良いと言われています。日本には江戸時代の初めごろに入ってきました。九州・四国や中国地方での栽培が定着しています。

なた豆の成分を調査

では、なぜなた豆で口腔ケアができるのでしょうか。なた豆に含まれる成分とその効能を紹介していきます。

カナバリンの効果と効能

カナバニンには、炎症を抑える作用と膿を抑える作用があります。歯周病によって引き起こされた歯茎の腫れや出血といった炎症を抑える効果があり、膿の発生を止めてくれます。さらに、炎症によってひどくなっていた膿も排除してくれる効果があります。実際に、カナバニンは重度の歯周病を引き起こす菌を抑える効果があることが実験で分かっています。

コンカナバリンAの効果と効能

コンカナバリンAには免疫力を高める働きがあります。免疫力が高まることで、口腔内の細菌バランスが良くなり、善玉菌もバランスよく維持されていきます。口臭の大きな原因である歯周病は、加齢とともに免疫力が低下することでかかりやすくなってしまうものです。しかし、コンカナバリンAで免疫力を高めることで口腔細菌のバランスを整え、歯周病を防ぐことができるのです。

ウレアーゼの効果と効能

ウレアーゼとは、なた豆に含まれる有効成分で、尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きを持つ酵素です。そのため、腎機能を活性化する作用や、解毒作用があると言われています。ウレアーゼには腎機能を活性化する作用があると言われている一方で、アンモニアを発生させます。ただ、アンモニアは肝臓で尿素へと作り替えられるので過剰に摂取しなければ問題はありません。つまり、歯磨き粉で摂取する分には問題ないということです。

なた豆歯磨き粉の効果

なた豆に含まれる成分についてはわかりました。では、なた豆歯磨き粉を使うと起こる効果と仕組みについて説明します。

歯周病を改善するメカニズム

そもそも歯周病とは、歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨から構成される歯周組織に発生する疾患の総称です。歯周疾患とも言います。歯垢を主要な原因とする炎症疾患が多いですが、単に歯垢のみでなく複合的な要因によって発生します。

また、歯垢が一切関係ない歯周疾患も存在します。歯周病のうち、歯肉に炎症がおこる病気を歯肉炎、ほかの歯周組織にも炎症が起こっている場合は歯周炎といいます。おもにこの二つが歯周病の二大疾患です。歯肉炎で最も多いのは、プラーク性歯肉炎で、歯周病のうちで最も多いのは慢性歯周炎です。実は、日本人が歯を失う原因で一番多いのが、この歯周病なのです。

歯周病の予防のポイントは、口腔内の細菌バランスをよくすることです。口腔内にも善玉菌と悪玉菌が存在します。健康な人の口腔内は善玉菌が優勢ですが、このバランスが崩れて、悪玉菌である歯周病菌が増えると歯周病が進行しやすくなります。

この歯周病菌などの悪玉菌を媒介するのが歯垢(プラーク)や歯石です。

歯垢は歯磨きすることによって、ある程度落とすことができます。しかし、歯垢が固まって歯石になってしまうと、歯ブラシでは落とすことは不可能です。また歯周病が進行すると、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この歯周ポケットの中に付着した歯垢も歯ブラシでは落とせません。したがって、歯周病の進行を防ぐには、歯科医院で、歯石の除去や歯周ポケットのクリーニングをしてもらう必要があります。

このため、歯周病を改善させるためには、患者さん自身が毎日歯磨きして歯垢を取り除くこと(パーソナルケア)、そして三カ月を目安に歯科医院で歯石や歯周ポケット内の歯垢を除去してもらうこと(プロフェッショナルケア)の両面から取り組むことが大切です。この口腔ケアを守ったうえで、さらになた豆の歯磨きを使うことがおすすめです。

また、なた豆に含まれるカナバニンには抗炎症作用があります。歯周病が進むまでには、歯周病菌と呼ばれる菌類が繁殖し歯茎の質を低下させてしまいます。人間は治癒力があるので、炎症を起こしても治療しようとしますが、炎症が慢性的になると組織が破壊されていきます。なた豆は抗炎症作用があるので歯磨きで使うことで、直接歯茎に抗炎症作用を働きかけることができ、改善するというわけです。

歯槽膿漏を改善するメカニズム

歯槽膿漏とは、歯茎が生んで腫れ上がってしまい、歯がぐらぐらしてしまう病気です。加齢とともに、誰にでもかかってしまう恐れがあります。

なた豆歯磨きに使われるなた豆は別名膿とり豆と言われ、なた豆の成分であるカナバニンが膿を取り除き、炎症を抑える効果が期待できます。

口臭を改善するメカニズム

なた豆の薬効成分であるカナバニンとコンカナバリンAが口内環境を改善することで口臭を防いでくれます。また、なた豆歯磨きでしっかり歯を磨くことで歯肉からの口臭も防いでくれます。

また、歯周病や歯槽膿漏は、病気が進行すると口を開くだけで悪臭がするほどになってしまう人もいます。なた豆歯磨きは、歯周病や歯槽膿漏の炎症を抑え、膿を出す効果があるのでその作用によって、さらに口臭を改善することができるのです。

なた豆歯磨き粉がおススメの人

では、こんなに口臭と炎症に効果のあるなた豆歯磨き粉ですが、どんな人におすすめなのでしょうか。

歯周病の人

歯周病は前述の通り、最近による感染の病気です。口腔内には300から400種類の細菌が存在します。そのなかで善玉菌と悪玉菌に分かれています。歯周病の原因となる悪玉菌が優勢だと、歯科医院で歯周病を治療したとしても、数か月で悪玉菌のバランスは戻ってしまい、歯周病が再発してしまう可能性があります。

しかし、なた豆によって免疫力を高めることで、口腔内の細菌のバランスが善玉菌優勢に変わり、歯周病の再発予防に役立てることができるのです。ですから、歯周病の人におすすめします。

歯周病や歯槽膿漏の口臭に悩む人

歯槽膿漏や歯周病が進行すると、とても酸っぱくて強烈なニオイが発生することがあります。歯茎や歯間などに細菌がたまったものが膿になり、その細菌や膿が臭いを発生させてしまうのです。このいやな臭いは、目の前の話し相手に伝わってしまい不快感を与えてしまいます。ご家族やパートナーに「口臭い!」とグサリと刺さる言葉を言われるかもしれません。

それでは辛いですよね。口臭を気にすることなく、日常生活を送りたいものです。なた豆歯磨き粉ならカナバニンが膿を抑えるので、嫌なにおいを発する膿の生産が緩やかになり、さらにすでにある膿を排除する作用もあるので、歯周病や歯槽膿漏が原因の口臭を防ぐことができます。毎日の歯磨きで無理なく口臭を防ぐことができるので、歯周病や歯槽膿漏による口臭に悩む人におすすめです。

口のねばねばが気になる方

ちゃんと歯を磨いていのに、口の中が粘つくことはありませんか?唾液にはサラサラ唾液とねばねば唾液があります。
このうち口内をネバネバにしているのは粘液性唾液になります。粘液性唾液が多く分泌されれば口内環境はネバネバになるのですが、粘液性唾液が出るには理由があります。

粘液性唾液には殺菌作用などがありますから、歯周病になっていれば粘液性唾液が多く出るのです。歯周病でなくてもストレスや疲れなどで自律神経が乱れるとサラサラ唾液の漿液性唾液を多く出すが耳下腺が機能低下しネバネバ感のある粘液性唾液が強くなります。このように口内環境のネバネバは起こるのです。

お口の中がねばねばの唾液だと、悪玉の細菌の繁殖しやすく、軽度の歯槽膿漏や歯肉炎でもにおいが出てきてしまいます。そこで、抗炎症作用と、膿を出す効果のあるなた豆歯磨き粉でしっかりと歯を磨くことで、お口のネバネバと、それによって引き起こされる口臭も防ぐことができるのです。ですので、口のねばねばが気になる人にもなた豆歯磨き粉はおすすめできます。

喫煙者でタバコの口臭で悩んでいる人

タバコの匂いは口の中にアンモニアやスカートルといった悪臭成分が口の中にべったりとへばり付いているので、口臭サプリだと中々口臭の改善までに時間が掛かって速攻性がありませんが歯磨き粉であれば、口の中の悪臭成分を一気に落とすことが出来るので、高い速攻性が期待できます。また、口臭抑制成分がはいったなた豆歯磨き粉を利用すればより効果は高くなります。タバコを吸った後の会議や大事な人に合う前に口臭をどうにかしたい人には、なた豆歯磨き粉はとても優秀な口臭ケアアイテムです。

なた豆歯磨き粉の定番「伝統爽快なた豆歯磨き粉」のレビュー

まずは伝統爽快なた豆歯磨き粉がどんな商品なのか基本情報をチェックしてみましょう。

口臭や口のネバネバを歯磨き粉ですっきり
伝統爽快なた豆歯磨き粉
販売元(株)みつばちロード
通常購入2,900円/本(税抜)
定期初回限定1,550円/本(税抜)
送料無料
内容量120g(約2ヵ月分)
伝統爽快なた豆歯磨き粉

伝統爽快なた豆歯磨き粉は口臭ケアの為の歯磨き粉です。国産のなた豆に加え、国産の柿渋エキス、福岡県嬉野産の茶葉、国産のドクダミなど成分を厳選して配合したなた豆歯磨き粉の定番商品です。

伝統爽快なた豆歯磨き粉の成分

全成分一覧

炭酸Ca(研磨剤)、水、グリセリン(湿潤剤)、シリカ(研磨剤)、キシリトール(甘味剤)、ラウロイルグルタミン酸Na(発泡剤)、カラギーナン、キサンタンガム(増粘剤)、プロポリスエキス、カキタンニン(保湿剤)、ナタマメ種子エキス(矯味剤)、チャ葉(香味剤)、チャ葉エキス、ドクダミエキス(保湿剤)、酸化チタン、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、グリチルリチン酸2K、グリシン、クエン酸Na、硫酸亜鉛、ポリソルベート80、白金、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ラクトフェリン(牛乳)、ビフィズス菌発酵エキス(保湿剤)、銅クロロフィリンNa(着色剤)、ヒノキチオール、ハッカ油、スペアミント油(香味剤)、BG、エタノール、銀、酢酸、フィチン酸、炭酸水素Na、フェノキシエタノール(保存料)

伝統爽快なた豆歯磨き粉をレビュー

なた豆歯磨き粉をネットで色々探した結果、コスパや効果に優れている口コミが多っかったので、なた豆の定番商品といわれている伝統爽快なた豆歯磨き粉を購入してみました。

伝統爽快なた豆歯磨き粉が到着

伝統爽快なた豆歯磨き粉の外箱
外見は白い外箱でちょっと高級な歯磨き粉という印象です。同居している人が見ても口臭ケア用品という印象は与えないと思います。

伝統爽快なた豆歯磨き粉を開封

伝統爽快なた豆歯磨き粉の中身
白い本体で一般の歯磨き粉に比べるとちょっと大きさは小さめ。こちらもパッと見ると口臭ケア用品という印象はないので、普段使いでも問題ないと思います。

伝統爽快なた豆歯磨き粉の使用感や味は?

ミントの風味とちょっと渋みと苦みを感じます。普段甘い歯磨き粉と比べると大人な風味の歯磨き粉ですね。泡立ちもしっかりして、口の中がしっかり締まる感じがします。朝の口の中のネバネバも全部キレイに洗い流してすっきり感を味わえます。

伝統爽快なた豆歯磨き粉の口臭ケア効果は?

とにかく朝の口臭をケアするなら、口臭サプリよりも伝統爽快なた豆歯磨き粉が口臭ケアの速攻性が高いのでおススメです。また、タバコを吸った後の酷い口臭にもとても効果が高いことが自分の検証でも分かりました。こちらのタニタ口臭チェッカーでタバコを吸った直後口臭レベルが5でしたが、伝統爽快なた豆歯磨き粉を使った瞬間に口臭レベルが1まで下がりました。口臭サプリの様な長時間のケアには向きませんが、タバコの様に口の中についた匂いの除去にはもってこいの口臭ケアアイテムです。

公式HPはこちら