1. ホーム
  2. 口臭対策基礎知識
  3. ≫口臭の原因にもなる舌苔のケアと賢い取り方

口臭の原因にもなる舌苔のケアと賢い取り方

舌苔のケア
舌の角質に、口の中の細菌、口の中の上皮、食べかすなどが層のように溜まったものが舌苔です。通常であれば、厚く層になることはありませんが、口呼吸などで唾液の分泌が少なくなり、舌の運動機能が低下してくると、舌苔ができやすくなります。

また、病気の治療などで、抗生物質を長期間服用している場合も舌苔ができやすくなります。そんな舌苔のケア方法についてのポイントをまとめました。

舌苔のケアと賢い取り方

●無理に取らない

舌の表面に苔のように付く舌苔は、1回のケアで全部取り除く必要はありません。高齢者で、口腔ケアが苦手な人などは、厚い舌苔が付いていることがありますが、こういった人の舌苔を1回のケアで摂ってしまうとすると、舌の細胞を傷つけてしまいます。舌には、味蕾という味を感じる細胞がありますが、味蕾は1度傷が付くと2度と再生しません。

だから、舌苔のケアは傷付けないように優しくお手入れすることが大切です。舌苔を取ってしまおうと、何度も繰り返しブラッシングする必要はないのです。舌苔が、全て取り切れなくても平気です。1日に1回、少しずつきれいにしていきましょう。

●舌クリーナー

舌苔を取るのに便利なのが、舌クリーナーです。舌クリーナーを水に濡らして、鏡で舌苔を確認しながら優しくブラッシングします。舌クリーナーは、奥から手前に軽く動かすだけです。舌クリーナーに付いた汚れを水で洗い流しながら使用します。力を入れ過ぎて、舌表面が傷付くと口臭の原因になりますので気を付ける必要があります。

・ブラシタイプ

舌苔をブラッシングで落とすタイプは、ヘラタイプよりも痛くないので、初めて舌磨きをする人にお勧めです。

・へラタイプ

舌苔を削ぎ取るタイプの方が、舌苔を取り除く効果が高いとされています。

・スポンジタイプ

柔らかい使用感で、舌の表面が傷付く心配がありません。しかし、雑菌が繁殖しやすいので、使用後はしっかり洗って、1ヶ月で新しいものと交換しましょう。

・電動タイプ

舌専用のヘッドで力を入れずに、音波振動によって舌苔をきれいに除去することができます。舌を傷付ける心配もありません。

●白ゴマ油

厚くなった舌苔は、保湿剤を塗ってふやかしてから、舌クリーナーを使用してみましょう。口に入れても安心な白ゴマ油は、生のゴマを絞ったものなので、色が薄く香りも少なく、すっきりとしたほのかな味になっています。しかも、白ゴマ油には、殺菌作用もあるのです。指で白ゴマ油を取って、下に塗ってしばらくすると、頑固な舌苔がかなり取れやすくなります。ケアの後も、保湿剤代わりに口の中に塗り広げてるのもお勧めです。

●パイナップル

舌苔は、食べ物たんぱく質が固まってできたものです。パイナップルには、たんぱく質を分解する酵素が豊富に含まれています。パイナップルを沢山食べた後に、舌がヒリヒリするのは、パイナップルの酵素によって舌苔が取れたからです。舌苔が気になる場合は、食後にパイナップルを食べてみましょう。

●スプレータイプの保湿剤

乾燥した口の中を潤す保湿剤には、ジェルタイプとスプレータイプがあります。スプレータイプは、舌の先に付いた舌苔を取り除くのに便利です。舌クリーナーは、舌の中央に着いた舌苔を取るのには便利ですが、舌の先の舌苔は中々取ることができません。スプレータイプの保湿剤を吹き付けたスポンジブラシで、舌の先を湿らせて、ふやかすことで舌の先に付いた舌苔が取れやすくなります。30秒程置いたら、舌クリーナーで舌の先をサッと拭いましょう。

舌苔のケアの際に嘔吐反射が起こりにくくする方法

食後すぐの口の中は、酸性になっているので、すぐに歯磨きをしてしまうと、歯を傷付けてしまうことがあります。そのため、歯磨きは食後15分~30分程経ってからと言われています。なお舌苔を磨きすぎたりすると逆に口臭を悪化させますので詳細はこちらをチェックして下さい。

舌の場合は、食後すぐに舌苔のケアを行うと嘔吐反射を引き起こしやすくなるため、しばらく経ってからケアをします。それでも、嘔吐反応が出やすいという人は、舌を思いっきり出して、舌クリーナーが舌に触れるタイミングで、息を吐くようにすると嘔吐反射が起こりにくくなります。